株式会社S-TEKT
ご相談無料 メールでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ 03-3820-5760
受付時間 平日10:00~17:00 (定休日:土日祝)

電気工事屋さんブログ

旅行 <越後湯沢の旅 1 ( 新樹会主催 )>

3月31日・4月1日に新樹会主催
「越後湯沢の旅」
に行ってまいりました。


参加者みんなが大好きな「オッパ」「なっちゃん」と一緒の旅、スタートから盛り上がってました。
(一人病気と戦いながらの参戦




「オッパ」は運転手なので酒は飲めないのですが、その他の連中は行きのバス内から飲めや歌えやの大騒ぎ!
運転手の「オッパ」は飲めなくて残念・・・。
今後の課題ですね。
※旅行好きで、運転大好き、お酒飲めない人大歓迎!(おらんか・・・


複数のサービスエリアを経て、長いトンネル
越後トンネル
川端康成の有名な本の一節「トンネルを抜けると雪国であった」(雪国 決定版)
その通りの風景
「トンネル出たら雪でもふってんじゃないの~?」と車中で話をしていたのですが、その通りの風景に歓声があがりました。
シャッターバシバシです!


仲間との旅行、そして我々の旅行を盛り上がえる様な雪。
ハイテンションのまま昼食会場の
そば処「中野屋」へ向かいました。

http://r.tabelog.com/niigata/A1504/A150404/15000123/dtlrvwlst/2997910/ 
(食べログ)
ここの名物は、へぎそば
「へぎ」という細長いセイロに盛り付けられたそばは、つなぎに布海苔(ふのり)という海藻を使ったそばで、コシがあり香りが最高で美味しいそばでした。



ここで、2人前食したのが後の懺悔につながります。

14時30分の遅めの昼食を終えて、
ホテル「エンゼルグランディア越後仲里」



http://www.angel-g.co.jp/ 
(ホテルURL)


ホテルに着いた一同は、それぞれ自由時間になります。
ほとんどの人は、少し休憩した後温泉に行きました。

画像が無いのは残念です。
熱くもぬるくもなく適温に設定された温泉も最高だったのですが、少し熱く設定された露天風呂はもっと最高でした。
雪景色の中、真っ裸で立つ姿は滑稽でゲラゲラ笑いあっていました。

また夜には、ボタン雪が降ってきてロマンチックなシーンを演出していたそうです。
(私は睡魔に負けて入れなかった
参加者のある人は、年甲斐もなく口を開けて、雪を食べまくっていたそうです

時間は少し戻り、夕食です

うどんすきが有名な
茶屋「森瀧」
http://r.tabelog.com/niigata/A1504/A150404/15000126/ 
(食べログ)







ここで出てくる食べ物は、すべてがボリューム満点で美味しい。
参加者の中には毎日築地へ仕入れに行っている寿司屋の大将もいてたのですが
一言「脱帽」
その言葉が出るくらいの食材・料理が出てきました。
いや、ほんと出すぎです。












食べきれないほどの美味しい料理は、来る人を満足させる事間違いありません。

それは、壁に飾ってある数々の色紙も物語っています。


この旅の唯一の後悔はここで食べ残しをしたことです。
昼食にへぎそばを食べ過ぎたことを後悔しました。

さて、ホテルに帰ってからもまた盛り上がっていくのですが、それはまた別の話(ブログ)で




**************** 
励みになります
 クリックをお願いします。



人気ブログランキング

****************


 

2012年04月02日

ページトップへ