株式会社S-TEKT
ご相談無料 メールでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ 03-3820-5760
受付時間 平日10:00~17:00 (定休日:土日祝)

電気工事屋さんブログ

防犯カメラは専門業者に頼むとなぜ高いのか?

最近、インターネットで安く販売している防犯カメラが多い中、専門業者に頼むとまだまだ高額です

 

これは何故か?

 

当たり前のことですが商品を販売しているという事は、ある程度の利益が含まれています

この利益が何かというところに問題があります

 

まず、インターネットでの販売は何故安いのか?ですが販売業者が購入後のフォローをしない、または出来ない事が多いわけですが、それはただ単純に販売の利益だけを考えている、そういう風に考えて良いと思います

 

海外などから安く仕入れて、数パーセントの利益を乗せて販売する

または、仕入れたもののなかなか販売できないので、処分するために原価に近い価格で販売しているというところもありますでしょうし、海外から直接販売をしていてフォローが出来ないというところもあります

 

そういう事もあり、購入したものの設定が出来ずに放置したまま、という事をよく耳にします

 

一方専門業者に頼むと高い理由ですが、映像が出るところまではきちんと設定までしてくれますので、商品の販売利益と設定や設置などの人件費コストがかかります

 

ところが、専門業者は電気工事の専門家なのか?というと設定は出来ますが、設置工事が出来ないところも多くあります

(設定も丸投げの会社も多いです)

つまり商社が工事会社を手配するという形式になっている場合が多いわけですので、そこでさらに中間マージンが発生するという事になります

 

この中間マージンは、海外製・日本製問わずに発生しますので当然のことながら価格は上がっていく事になります

 

また、日本製は商品のアフターフォローもしっかりしている場合がほとんどですので、その費用も商品の金額に含まれていますので商品自体が高いという事になります

 

では、工事会社が直接販売や設置工事をすれば良いのでは?と思われる方も多いと思いますが、それはそれで難しいわけです

工事会社は基本、指示されたとおりの施工しかしません

また、設計やPCなどの設定を苦手とする職人がほとんどです

 

そういった事もあり、商社が販売して工事は下請けという図式が通常であり、商品の利益、工事の価格、中間マージンが全てお客様負担で高額になってしまう、というのが実情です

 

私たちは中小企業やご家庭に普及させていきたいという思いがありますので、工事会社でありながら設計・施工をする会社として適正価格のモデルケースを作っていきたいと思っています

 

近日中に、自宅用で卓上のカメラの販売を発表する予定です

 

カメラの設置を検討されている方は

ブログやホームページのチェックをお願いします

 

会社ホームページ 株式会社S-TEKT

2018年10月27日

ページトップへ