株式会社S-TEKT
ご相談無料 メールでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ 03-3820-5760
受付時間 平日10:00~17:00 (定休日:土日祝)

情報の信用度

大阪維新の会に所属する丸山穂高さんという議員が、昨年末に居酒屋で飲酒後に口論の末に相手の手を噛んだその事を厳重注意処分をすると同党の松井代表が発表したそうですね
リンク先:記事

この記事を最初に見た人はどの様に感じるのでしょうか?
丸山穂高?あんまり知らんけど、年齢が31歳で若いし大阪維新の会やから、どうせそんな大したことのないやつやろ?なんて感じるのでは無いでしょうか?

私も、この丸山っていう人は良く知りません
しかし、この記事だけで人の印象が変わるという事と、本当に大切なものは何なのか?という事を理解していない人が多くいる事に違和感を感じます

現在は便利な世の中です
家に居ながらにして様々な情報が入ってきます
しかしながら、便利になったからこそ失われていくものもあります

今回の記事にしても、情報が不足しすぎている
今回の喧嘩騒動にしてももちろんそうですが、その人の背景も全く見えない
もしこの人が志大きく、今後の日本にとって必要な人だとすると、簡単に誹謗中傷しても良いのだろうか?

酒に酔っての暴力は最低だ、政治家は清廉潔白であるべきだ、という人が大勢いてますが、本当にそうなんでしょうか?

世の中を綺麗ごとだけで片付くならばなんの問題も無いですが、複雑な問題が幾重にも積み重なっています
もめ事も起こさない、なんのトラブルも無い人が、人として成長しているとは到底思えない

我々は地べたを這い、泥水をすすってやってきています
時には汚い事もして法律ぎりぎりの判断もしてきています
だからこそ明るい未来を目指して、クリーンな世を本気で願うわけです

記事にする方も考え物です
我々経営者・幹部は言葉一つ間違えれば、いくらでも話を捻じ曲げられることを知っています
だからこそ、事実を事実のままに伝えられるように、自分たちの想いをストレートに受けてもらえる様に時には例え話を交えてでも理解してもらえるように伝えます

ありのまま伝える事は良い事ですが、明らかに面白い部分だけど切り取っている記事を見ると、非常に悲しい気持ちになります

記事を見て、自分たちの意見をしっかりと持つことが大切です
私たちは、様々な情報を自分なりに理解をして鵜呑みにしないことをすべきだと思います

2016年01月07日

ページトップへ