株式会社S-TEKT
ご相談無料 メールでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ 03-3820-5760
受付時間 平日10:00~17:00 (定休日:土日祝)

電気工事屋さんブログ

口論と話し合い

昨日、怒りのコントロールの話をしました
怒りのコントロール

それができると話し合いも楽しくできる様になりました

以前までは話し合いというのら主義主張のぶつけ合いと思っていました
どちらの意見が正しいのかを説明しあい、相手の悪いところを見つけては指摘して、どれだけ自分の言っている事があっているのかを主張することだと思っていました

しかしこのやり方では一歩間違うと口論に発展します
罵り合いになる事も多々あります
意見を言い合うのは大変良いことなのですが、相手の意見を受け止めず否定的な意見を繰り返すと口論になります
そして口論するのがいつしかバカバカしくなり、そのうち意見を言わなくなります

話し合いは論破ではありません
勝ち負けではありません

話し合いで大切なものはテーマであり、そのテーマの目的だと気付いたんですね

自分の意見に合うのか合わないのかでは無く、テーマや目的に合っているのかが重要
自分の意見にも相手の意見にも良いところがある、むしろ相手の意見に自分の考えている要素を少し加えるとさらに良いものが出来る

自分の意見が負けたって、目的が達成されるなら嬉しいんです
その事を理解できた時話し合いの楽しさを知り、深い話ができる様になりました

これは自分だけでは無く相手も同じ考えじゃ無いと駄目です
その為、話し合いの最中に、目的はなんだっけ?手段ばかり話していない?と促してあげないといけないのですが、これもまた間違えると、「社長の答えがあるんでしょう?それでいいじゃ無いですか!?」となってしまいます

話し合いというのは本当に難しいですね

2015年11月24日

ページトップへ