株式会社S-TEKT
ご相談無料 メールでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ 03-3820-5760
受付時間 平日10:00~17:00 (定休日:土日祝)

電気工事屋さんブログ

仕事は厳しく、職場は楽しく

昨日、部下を叱りました

遅刻を何度も繰り返し、連絡もつかなくなる事が度々あってお客様や管理者に迷惑をかけている若者がまた今日も大幅な遅刻をしました
その若者が、事務所に入ってきた際に、どうしようか迷いながら声をかけました

普段は、部長に任せるのですが度重なる遅刻で、1回きつく言わないといけないと判断しました

私「どういうことや?」
若者「何がですか?」
私「何がですかやあらへんやろ、言われる事身に覚え無いんか?」
若者「…」
私「遅刻を繰り返してどれだけ迷惑をかけてるのか分かってるんか」
若者「…」

真面目に来ている人と遅刻を繰り返す人
規定では遅刻分給与を差し引くとはなっていますが、それ以外の罰則がありません

真面目に頑張っている人がバカらしくなる、彼自身にとっても良い事は何も無いという事をどうしても彼に伝えたいという思いから少しきつめに叱りました

彼はずっと黙っているので何を考えているのかわかりません
言葉が出ないのか、このままだんまりを決め込むのか判断がつかないまま時間は過ぎます

「どういう事や」
「なんで黙ってるんや?」
「それはどんな態度や?」
「なんか意見を言えよ」

答える間を与えながら何とか意見を聞き出そうとするのですが会話は一方通行

埒があかないので、質問を変える事に

「お前は毎日1作業員として現場に行ってるのとちゃうか?それは全く違うぞ。仕事を通じて信頼の積み重ねをしているんや。そしてその信頼はS-TEKT全員で積み重ねるもんや」

「今日、お前がした事は、一人だけの問題では無い。会社全員の信頼が損なわれたんや。お前は作業員として行ってるわけではなく、S-TEKTの仲間の一員として現場に行ってるんやぞ?」

「どうや?どんなつもりで現場に行ってるんや」

若者「作業員のつもりでした」

ようやく答えてくれた…

その後も一言二言しか話さない彼でしたが反省していると判断して、もういいぞ、仕事に戻れ…と話を終えました


遅刻する事や病気になる事は人間だからある事
しかし、普段からの心構えが大切なわけです
仲間やお客さんを大事にしようと思う気持ちが大切なんです

私は社員や社員の生活を守りたい
ただ、彼らが自ら行動して率先してお客さんの信頼を勝ち取らないと、結局守る事が出来ない
仲間を大切にしないと、現場に行く事が出来ない
その事を伝えたかった


どれだけ大変な事をしたのか、理解してくれたのかはわかりません
心の奥に届いてくれたら良いんやけどな…

できれば叱るなんてしたくたい

ただ、仕事は厳しく、職場は楽しく
その事を実践するには、叱る事もしないといけません


心の奥に届く叱り方、本当に難しい

2015年11月11日

ページトップへ