株式会社S-TEKT
ご相談無料 メールでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ 03-3820-5760
受付時間 平日10:00~17:00 (定休日:土日祝)

キャバクラという所

今晩、キャバクラに行ってきました
めちゃくちゃ久しぶりのキャバクラはとても楽しい所でした

私は元々こういう店は好きではありません
何故ならドンドンお金をむしりとられるから(笑)

冗談はさておき、カラオケガンガンかかる店内、歌わされて、ご馳走させられ、「面白い事言って~」と誰の為の店なのかよくわからない
イメージとしてはそんな所です

付き合いで行く事は時々ありました
行く時は遅い時間という事も多く、私にとって楽しくないキャバクラは睡眠時間でもありました

しかし昨日のキャバクラのホステスさん達は会話ができた事が楽しかった

内容は「キャバクラについて」(笑)

最後は邪魔くさくなったのか、私についていた女性はそそくさと店の奥に消えて行きましたアセアセ

楽しかったというのはそういう事だけでは無く、スタッフとホステスさんが連携をして、お金をたくさん払わす為に工夫をしている所を感じられた事です

自分達のドリンクを注文してもらう為に客である我々を楽しませるように努力をして、我々の誰かひとりでも注文しても良いというと、他の人達のドリンクもおねだりをする
それが成功をすると、一気に女性が入れ替わっていきます

財布の紐がゆるんだ男はついつい入れ替わった女性にもご馳走をしてしまいます
しかし、そのままどんどん入れ替わるわけでは無く、ある程度の所で入れ替えをやめます
なんでかな~と思っていると入店してからの時間が45分が経ったのでどうしますか?というスタッフがやってきます

しばらく、堪能させた後に時間を延長させようという魂胆
気分がよくなっている男達は、じゃあ少しだけ…という事になる訳です

ポイントとしては、客をどうして楽しませようか?それにどうして利益に結び付けるか
まさに私達が毎日考えている事です

真面目に店内を見てみるとそういった連携を見ることが出来て楽しかったです

まあ、これからもそんなに行く事は無いとは思います
私は癒される事を考えるよりも、癒す事を考える事の方に時間を費やす事の方が重要だと考えるから

今回勉強になったのは、「お金=客の喜び」を店一丸で取り組んでいた事

まあ、それも良いですが「やりがい=客の喜び」の仕組みを作り、その結果が利益、お金に繋げていく事をしていきたいと思います




2015年10月06日

ページトップへ