株式会社S-TEKT
ご相談無料 メールでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ 03-3820-5760
受付時間 平日10:00~17:00 (定休日:土日祝)

防犯カメラをつける理由

久しぶりに仕事の話を

当社は電気工事会社ですが、その中でも現在はセキュリティの工事に力を入れています。
特に、防犯カメラはニーズも多い事から力を入れています


この防犯カメラですが、設置をする意味というのがいくつかあるのをご存知ですが?


大きくわけると

抑止効果
監視・確認
記録


抑止効果は、カメラがついているだけで犯罪をする気持ちを抑えることができたり、見られていると思うことで、きっちりと仕事をする効果です
この効果を利用して、ダミーカメラを設置するわけですが、我々から見るとダミーカメラとわかるものが数多く出回っています

監視は、業務が滞りなくおこなわれているのか、不正をはたらく者がいないかのチェックをすることはもちろんですが、おじいちゃん・おばあちゃんや赤ちゃんの確認であったり、ペットの確認をして安心する為にも設置している場合があります

記録ですがこちらは色々と理由があります

犯罪の記録
事故の記録
ISO、Pマーク取得する際の必要項目(絶対では無い)
安心の記録


事務所につけている場合、事務所内に設置している事から、自分達が監視されている!と思われる方もたくさんいてますが、実は社員の監視は以外にも少ないのです


犯罪の記録とは、内部の犯罪と外部の犯罪に分けられます
内部とは身内の犯罪、情報流出事件などが上がるたびに、情報の管理や人の出入りの管理が強化されていきます
外部とは、強盗や委託業者などの不正な侵入の事を指します

外資系は特に内部を気にかけていますが、日本の企業は外部を気にかけている事がほとんどです
「身内に悪い事をするやつはいない」良くも悪くも、この精神は受け継がれている様です


事故の記録とは、交通事故や爆発事故など予測できない事故を指します
社員や重要物にもしもの事があった場合に、理由を特定するためのものです


ISOやPマークを取得する際には、人の出入りを監視をする項目があります
特に書類の管理などには、いつ誰がその部屋に入室して何を持ち出したか?を管理しないとISOやPマークは取得できません

そこを人的にしないために、入退室管理システムや防犯カメラを導入する場合があります


次に安心の記録

特に製造業をされている会社に多いのですが、新規顧客の獲得の際にカメラの映像を見せることがあります。
「自分の会社の製造ラインは問題が無い、社員はきっちりと仕事をしています」、というアピールになります。
また、「問題があったときに特定ができます!」というアピールにもなります。

この様に、監視カメラの用途とは色々とあることがわかります


その他にも、特殊な用途はあるのですが、それはまた別の機会に!

*************** 
励みになります
 クリックをお願いします。



人気ブログランキング

****************

2015年01月07日

ページトップへ