株式会社S-TEKT
ご相談無料 メールでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ 03-3820-5760
受付時間 平日10:00~17:00 (定休日:土日祝)

電気工事屋さんブログ

共育 ~どちらが学ぶ?~

敎育とは教えて育てると書きますが、私はともに育つ、共育が大切だと思います・・・が、実感・体感したのは本当に最近の事です

 

以前から、共育が良いとは同友会(経営者の勉強会)で学んでいますが共育を体感していた気になっていたのは、経営者同士の話だけでした

良い会社にしたいと思っている経営者には気付いてもらえる事でも自社の幹部や社員にはなかなか届きません

(だからコンサルは儲かるんだろうな・・・・。)

 

主体的に学ぶ事を幹部に望む私達経営者

主体的では無い幹部や社員を憂う気持ち、その殆どが伝え方が分からない事からの現実逃避なのかも知れません

伝えるべきこと、理解してもらわないと困ることを整理出来ない自分を棚に上げて、説明できない自分の成長を諦め幹部や社員のせいにしている事を本当に追い込まれた時にようやく理解出来ました

 

組織づくりが中々進まない状況、お客様からの度重なるクレーム
こんな事をしていては、仕事を受けるたびに悪評をばらまくことになる

その危機感から、幹部への関わり方がようやく変わって来ました

 

何故理解してもらえないのか?何故優先順位を間違うのか?

彼らと一緒にルーチンワークを考え、提案して、理解できないところを一つ一つ分解して問題の解決をしていく中で私の伝える能力も少しずつ上がってきている事を体感しています

とも育ちの極意は、相手を通じて自分が学ぶことなんだと今更ながらに学んでいる真っ最中です

2017年10月24日

ページトップへ